病院での治療方法は?

病院での検査の結果を元に、今後の治療方法が決まりますが。
病院(整形外科)では、大きく分類すると
「保存的療法」と「外科的療法」の2種類に分けられます。
それぞれにどんな治療方法かを見ていきましょう。

保存的療法

リハビリ

保存的療法とは、骨には手を加えない治療方法で
通院する場合と入院が必要な場合があります。

理学療法

腰痛治療_コルセット

リハビリによる骨盤を引っ張る牽引(けんいん)や
日常生活での運動。
ホットパックなど、温熱を使うものや、
コルセットなどの装具療法。
鍼灸(しんきゅう)や電気治療なども
これに含まれます。
特に運動療法は管理者も
オススメする療法の1つです。

薬物療法

腰痛治療_薬

主に内服薬などの薬を使っての治療になります。
薬を使用することで筋肉の緊張をほぐすことで
痛みをやわらげる方法です。

神経ブロック療法

腰痛治療_ブロック注射

局部麻酔を直接神経に注射することで
痛みを遮断する療法です。

外科的療法

手術

手術による治療方法で、
重度の椎間板ヘルニアに用いられます。

  • 椎間板ヘルニア摘出術(ラブ法)
  • 椎弓(ついきゅう)切除
  • 脊柱固定術

などがこれにあたります。

近年では、体への負担が少ない

  • 鏡視下髄核(ずいかく)摘出術(Caspar法)
  • 経皮的髄核摘出術(PN法)
  • レーザーPLDD法

などもあります。

まとめ

ほとんどの場合は、牽引やホットパック、コルセットで治療しながら
痛みが和らいだら少しずつ運動を取り入れていく
保存的療法からスタートします。

可能な限り保存的療法を!

保存的療法は、改善するまでに
長い期間を必要としますが、長期的に継続することで、
予防だけでなく、腰痛を克服できるまでに
回復させる事も可能です。

一時期立つことすらできなかった管理人も
この「保存的療法」だけで元気に走れるまで
回復した実績があります。

改善まで時間がかかりますが
非常にリスクが低いので、
確実に実施していくようにしましょう。

外科的療法は最後の切り札!

どうしてもよくならない場合には
手術による外科的療法を行いますが、
確実によくなるという保証はありません。

やはり体にメスを入れる事はリスクが高いと言えます。
成功すれば短期間でスグに楽になりますが

逆に悪くなってしまう場合もあるので
医師とよく相談して行うようにしましょう。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です