デスクワークで腰痛を起こさないために必要なことは?

腰痛の大敵とも言えるのが長時間に及ぶデスクワーク。
特にパソコンを使っていると、
腰だけでなく、首や肩まで痛くなってきます。
・・・とは言え、仕事だからやめるわけにもいきませんよね。

正しい姿勢を意識して座るだけでも、
腰への負担は軽くなるオフィスでの腰痛対策を紹介します。

デスクワーク タイピングする女性

机と椅子の高さを調整し正しい姿勢

デスクでパソコンを使っていると、
どうしても背中が曲がると同時に腰まで曲がってしまいます。
デスクと椅子の高さは自分に合うように調整し
正しい姿勢で椅子に座ることで腰痛を改善することができます。

デスクワークでの悪い姿勢

腰痛克服 デスクワーク

パソコン作業は、どうしても画面に顔を近づけてしまいがちですが
完全に背中から腰にかけて丸まってしまうため
腰への負担は大きなものとなります。

デスクワークでの良い姿勢

腰痛克服 デスクワーク

机と椅子は最適な高さに調整した上で、
背筋を伸ばし、椅子にもたれないようにしましょう。
ひざと股関節が直角に曲がるようにし、
かかとをピッタリと床につける感じが理想的な姿勢です。

ノートパソコンは要注意!

ノート型パソコンを使用している場合
デスクトップ型PCよりも画面の位置が下になるので
目線を下に向ける必要があります。

この時に、目線だけを下に向けるようにしてください。

身体を丸めたり、首を下に曲げて顔を画面に向けると
腰痛だけでなく、首への負担も大きなものとなり
場合によっては「頚椎のヘルニア」になってしまう危険性もあるのです。

ノートパソコン専用のスタンドを使うなど
顔の一直線上に、画面がくるように位置を
調整することをおすすめします。

定期的に席を立ち小休止を

腰痛 ストレッチする男性

長時間のデスクワークでは、一段落するごとに
一旦席を立ち適度に歩くようにすると
体がリラックスするので有効です。

人間はどんなに集中していたとしても
1時間から2時間の間に、
少し息を抜いている時間があるはずです。
そんな時は意識して席を立つようにしましょう。

例えば、コピーを取るだけでも席を立つことができます。
いつも誰かにコピーを頼んでいたなら
自分で率先してコピーをとりにいくといいです。

座ったままストレッチも効果的

腰痛にはストレッチ運動が効果的です。
「座ったままストレッチ」する方法などもあるので
積極的に取り入れていれるようにしましょう。

ストレッチは腰痛にバツグンの効果を発揮するので
是非実践してみてください。

まとめ

オフィスで仕事をしている時間が非常に多いというあなたは
自宅だけでなく、職場の環境も見直してみてください。
思っていた以上に腰に悪い環境で、仕事をしているかも知れません。

高いお金を払って薬を買う前に

  • 机や椅子の高さ調整
  • 席を立つ小休止を入れる
  • 座ったままストレッチをする

といったことを実践してみてください。
きっと効果があるはずです。
また、姿勢を良くするクッションなどを利用すると
ほとんど意識することなく腰痛が改善されることもあるので
試してみるといいでしょう。

>> デスクワークで辛い腰痛に!姿勢を良くするクッション7選はこちら
>> 姿勢を良くする椅子 レビューと口コミ徹底比較はこちら


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です