あぐらや正座はNG! 腰に負担をかけない正しい座り方は?

腰痛や椎間板ヘルニアになってしまうと
ずっと立っているのが辛くなり、座っている方が楽に感じますが、
座る姿勢も長時間となると、腰への負担が大きくなります。
腰に負担をかけない正しい座り方を紹介します。

腰痛克服_椅子の座り方

あぐらや正座は腰に負担をかける

腰痛克服_悪い座り方

私たち日本人は、床や畳の上で座る習慣がありますが、

あぐらは背中や腰が丸まってしまうので、
腰にはよくありません。

また、正座についても腰に良いように思えますが
背筋がきちっと伸びていないと、
かえって腰に負担をかけてしまうので注意が必要です。

椅子の座り方

これらのことから、地べたに座るより
イスに座った方が腰への負担が少ないと言えます。

できるだけイスに座るよう心がけましょう。

また、床や畳の上で座る場合は、
「座椅子」を使うといいでしょう。

正しい椅子の座り方

腰痛克服_椅子の座り方

イスに座る時は、ひじ・ひざが直角になるようにし、
お尻を背もたれに近い位置まで、深く座るようにします。

やってはいけない椅子の座り方

腰痛克服_椅子の座り方

椅子に浅く座ってしまうと、腰への負担が大きくなります。
腰痛症の人に多い座り方なので注意してください。

背もたれにもたれる場合、
お尻を背もたれにくっつける感じで椅子に深く座り、

腰と背もたれの間に
空間ができないようにしてください。

柔らかいソファは厳禁!

腰痛克服 ソファに座る女性

リビングでくつろぐソファは、柔らかいものを選んでしまいがちですが

寝具と同様、体が沈み込んでしまうほど柔らかいものは、
避けたほうが無難です。

使っているソファが柔らか過ぎる場合は
使用する時間を減らすなど対策してください。
場合によっては、買い替えも検討してみましょう。

まとめ

座る姿勢での注意点

  • あぐら・正座はできるだけ避ける
  • ひじ・ひざが直角になるよう椅子は深く座る(浅く座るのはNG)
  • 柔らかいソファは避ける

日本人が慣れ親しんできた、あぐらや正座ですが
残念ながら腰痛にはよくない姿勢です。
絶対にやってはいけない姿勢とまでは言いませんが、
短時間にとどめておくよう心がけましょう。

また、椅子に浅く座ってしまうのは
腰痛症の人がやってしまいがちな姿勢です。

これを長年継続してしまったがために
腰痛に悩んでしまっている方も多いと思われます。
私の腰痛も、これが原因だったと思っています。

腰に負担をかけない椅子に買い換える事も必要だと思いますが
必要以上に高価なものは必要ありません。

まずは、正しい座り方を実践することから初めてみて
どうしてもダメなら補助のために
椅子を買い換えるといいでしょう。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 



がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です