椎間板ヘルニアにおすすめ! 腰痛コルセットの種類とその効果は?

腰の痛みをやわらげる治療法のひとつに「装具療法」があります。
手術や薬を使わずに「装具」によって治療する方法なので
副作用などのリスクがなく、手軽に取り組むことができます。

コルセットで弱ったお腹を引き締める

腹筋・背筋が弱くなると腰に負担がかかる

腰痛克服 たるんだお腹

腰痛の原因のひとつに「肥満」があります。
体重が増えることによって、その分の負荷が腰へとかかり、
次第に腰に痛みが発生します。

これだけが原因という事ではありませんが、
姿勢にも影響を与え、背骨の曲線も悪い状態になり
腰痛を引き起こすので注意が必要です。

腹筋・背筋を鍛えるには時間が必要

鍛えられた腹筋

椎間板ヘルニアなどの腰痛になると、
腹筋や背筋をバランスよく鍛えて
お腹まわりに「筋肉のベルト」をつくります。

これによって体を改善し、腰痛を克服できますが、
それには、習慣的に腰痛体操を実践する必要があり
時間もかかってしまいます。

「コルセット」を利用すれば、
ほぼ同じ効果を得ることができ、
スグに腰痛の痛みをやわらげることができます。

コルセットの種類と役割

腰痛治療_コルセット

椎間板ヘルニアなどの腰痛で多く利用される
コルセットには大きな2つの効果があり、

動かないよう腰を固定する効果と
腹筋や背筋の働きを助ける効果があります。

また、布製のものとプラスチックや金属製のものがあり
それぞれ目的と用途が違います。

軟性 硬性
材質 プラスティック、金属
目的 腹筋や背筋の役割を助ける 腰が動かないよう固定する
用途 日常生活でのサポート 圧迫骨折や手術後の固定

硬性タイプは、手術後に使用するもので
病院以外で使用することはありませんので、
ここでは一般的によく使われるコルセットは
「軟性タイプ」について解説します。

コルセットの効果

腰痛克服 コルセット

通常は腹筋がたるんだ状態になっていますが、
コルセットを着用することで、
お腹を押さえ、圧力を加えることができます。

たるんだ腹筋をギュッっと押し上げるので
自然と姿勢もよくなり、腰への負担も軽くなります。

また、正しい姿勢を覚えることもできるので
腰の痛みがやわらぐまでの一定期間利用すると
非常に有効です。

医療用と市販タイプの違いは?

コルセットには病院で渡される医療用のものと、
市販されているタイプのものがあります。

病院で受診された場合には、
医療用のコルセットを保険適用で購入できるので
基本的にはそれを使うといいでしょう。

腰痛克服_医師と相談する女性患者

また、市販されているものの中には
メッシュ加工などによって通気性がよいものもあるので
夏場など汗をかきやすい時期は、
メッシュタイプに付け替えると過ごしやすくなります。

医療用も市販タイプも、目的や効果に大きな違いはありませんが
市販タイプのもので、日常生活で動きを妨げないよう設計された
バイオメカコルセットもあるので、
用途に合わせて使ってもよいでしょう。

コルセットに頼り続けるのはNG!

NG

コルセットは利用もしやすく即効性があり、
効果も高いのでおすすめですが
これも補助でしかありません。

ずっとコルセットを装着しているとクセになってしまい、
次第にコルセットなしでは生活できない状態に
なってしまう危険性もあります。

本来の腹筋と背筋の力を弱めてしまう可能性があるので
コルセットは一定期間までの使用で
止めるようにしてください。

夜寝る時はコルセットを外すのがおすすめ

私の場合は腰が痛くなったら、昼間コルセットを着用して仕事。
夜の帰宅後や、寝る時にはコルセットを外していました。
1週間から2週間で痛みがなくなるので
最大で3週間ほどで使用を止めるといった具合です。

まとめ

コルセットの使用を止めた日から
「腰痛体操」や「ストレッチ」を実践し、
腰痛克服に努めます。

個人差はあると思いますが、これを何度かくり返し
最終的には腰痛に悩まされる生活はなくなりました。

しばらくはコルセットの助けを借りる事は必要ですが
あなたも日常生活を改善し、腰痛を必ず克服してください。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です