プールで腰痛のリハビリ!水中運動は正しい方法で!

水中運動はどんな治療法?

椎間板ヘルニアなどの腰痛には
運動やストレッチが効果的ですが、
水中で運動をすると、より大きな効果が期待できます。

腰痛克服 プール

水中での運動はトレーニング効果が高い

陸上とは違って、水中では「浮力」があるので
体重による腰への負担が軽減されます。
それに加えて、水は空気よりも何倍もの「抵抗」があり、
陸上での運動よりも大きな力を必要とします。

つまり、陸上での運動と比較すると、
水中での運動は、腰への負担が軽い上に、
トレーニングとしての効果も非常に高いのです。

水中運動が効果的な理由

  • 浮力があり、体重による腰への負担が軽い
  • 陸上より多くの力が必要なので、効果のあるトレーニングができる
  • 水圧により、血行がよくなり筋肉がほぐれる

これらのことから、水中での運動は
陸上での運動よりも多くのメリットがあると言えます。

水中運動の注意点

ただし、水中での腰痛トレーニングには
いくつか注意点があるので、しっかり理解しておきましょう。

温水プールに入る

腰痛では、体を冷やすのはよくありません。
冷水でのプールでは、筋肉が冷えてしまうので
かえって腰痛を悪化させてしまう危険があります。

必ず「温水プール」を利用するようにしてください。
適温は28〜30℃ですが、厳密にこの温度でなくても構いません。

また、ある程度腰痛が改善されてきた段階なら
冷たいプールに入っても問題はないでしょう。

平泳ぎはNG

腰痛には向いていない泳ぎ方もあるので注意が必要です。

平泳ぎやバタフライといった泳法は
腰を反らしたり、曲げたりするので
絶対にやめておきましょう。

特に平泳ぎは、ついやってしまいがちなので
意識してクロールやバタ足、背泳ぎなどに切り替えましょう。

クロールで泳ぐ

重症の腰痛患者は医師に相談する

椎間板や腰椎(ようつい)に異常がある場合や
手術を受けたことのある重症の腰痛患者の方は、
軽い体操でも自己判断はしないでください。
必ず主治医に相談しましょう。

水中運動の方法は?

水中ウォーキング

腰痛克服_プールでの水中運動

胸のあたりまで水につかったら、
背筋を伸ばしてゆっくりと歩きます。
(約10分程度)

最も基本的な運動なので、
まずはこのウォーキングから初めていきましょう。

ビート板を使ったウォーキング

腰痛克服_プールでの水中運動

ビート板に両手をのせて歩きます。
余裕があるなら、後ろにも歩くといいです。
前にも後ろにも歩くことで、体両面の筋力を強化できます。
(約10分程度)

蹴り上げる運動

腰痛克服_プールでの水中運動

プールサイドにつかまって、片足のひざを曲げます。
もう片方の足を後ろにゆっくりと蹴り上げます。
(左右5回ずつ)

太ももをかかえる運動

腰痛克服_プールでの水中運動

お腹にひざをグッと引き寄せるイメージで
両手で片方の太ももをかかえます。
(左右5回ずつ)

まとめ

温水プールを使った水中での腰痛体操は
かなりの効果が期待できます。

辛いトレーニングという事でもないので
利用できる温水プールが近隣にある方には
是非おすすめしたい治療法です。

近くに温水プールがなかったり
また、あっても値段が高いかも知れません。

そんな場合には、普段は陸上での腰痛体操を行い、
週に1回、1ヶ月に1回など、時々利用してもいいでしょう。
温泉と隣接してる施設もあるので気分転換にもなります。

厚生大臣が認定した「運動型健康増進施設」の温水プールなら
資格を取得した指導者がいるので、おすすめです。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] プールで腰痛のリハビリ!水中運動は正しい方法で! – 腰痛克服ドットコム 腰痛克服_プールでの水中運動. ビート板に両手をのせて歩きます。 余裕があるなら、 後ろにも歩くといいです。 前にも後ろにも歩くことで、体両面の筋力を強化できます。 (約 10分程度)(続きを読む) […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です