手遅れになる前に! ゴムバンド体操の方法と効果は?

腰痛の原因のひとつに「骨盤のゆがみ」があります。
この骨盤のゆがみを矯正する治療法の中に
「ゴムバンド療法」があります。
自宅でも簡単にできるので始めやすい治療法です。

腰痛克服 腰をおさえる女性

ゴムバンド体操とは?

背骨の土台である骨盤の回りには、
靭帯(じんたい)や筋肉が取り巻いています。

骨盤に上半身の重みが加わると、骨盤が横に広がろうとします。
これを靭帯や筋肉が防いでくれるのですが
靭帯や筋肉の力が弱ってくると、
仙腸関節(せんちょうかんせつ)に異常が発生し、
腰痛を引き起こします。

腰痛克服 ゴムバンド療法
このように、弱った靭帯や筋肉の働きを、ゴムバンドによって締め付けることで
骨盤をサポートするのが「ゴムバンド療法」です。

ゴムバンドは装着するだけで痛みを軽くすることがありますが
バンドを装着して腰をゆっくり回す運動を行うことで
更に腰痛改善の効果を発揮します。
これが「ゴムバンド体操」です。

ゴムバンド体操の手順

腰痛克服 ゴムバンド療法

  1. ゴムバンドを腰骨の出っ張りから、
    握りこぶし一個分ぐらい下にバンドを巻きます。
    (※ウエストに巻くと効果がなくなるので注意)
  2. 両足を肩幅に開いて真っ直ぐ立つ。
  3. 腰を上下に動かないように、ゆっくり回す。
    (右回り、左回りをそれぞれ約10回を3セット)
  4. これを朝と夜で1日に2回実践する。

ポイントは、1回転で2〜3秒ぐらいのスピードでゆっくり大きく回すこと。
後ろに回す時は、お尻を突き出しで少し前かがみになるよう回します。

立ったままで難しい場合には
壁や家具などに捕まっても構いません。

ゴムバンド体操の効果とメリット

ゴムバンドを装着して「ゴムバンド体操」を続けることで
靭帯や筋肉の力を補助しながら
骨盤のゆがみを矯正することができます。

また、外科的な手術が必要ないため
安心して自宅で手軽に取り組むことができる治療法のひとつです。

腰痛の度合いによっても効果は異なりますが
2ヶ月〜4ヶ月間継続することで、
痛みが解消される場合が多いようです。

再発防止の効果もあるので、腰の痛みが軽くなったら
ゴムバンド体操を続けるといいでしょう。

効果のある腰痛

  • ぎっくり腰
  • 慢性の腰痛
  • 骨粗鬆症による腰痛
  • 椎間板ヘルニア(手術を必要としない軽度な場合)
  • 脊椎分離症(手術を必要としない軽度な場合)
  • 脊椎すべり症(手術を必要としない軽度な場合)
  • 脊柱管狭窄症(手術を必要としない軽度な場合)

メリット

  • 保険が適用される
  • 経済的である
  • 軽度の椎間板ヘルニアなら治すことができる

まとめ

このゴムバンド療法は、保険が適用されることと
通院が少なくて済むので経済的な治療法と言えますが
手術を必要とする腰痛の場合は、
かえって悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。
決して自己判断ではなく、
受診した上で医師と相談して始めるようにしてください。

手術を必要としない腰痛なら
椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症にも
効果を発揮するので、手術をしなくてはならない段階まで悪化する前。
できるだけ早い段階で実践してみることをおすすめします。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です