荷物を持ったら急に腰が痛くなった!ぎっくり腰対処法は?

重い荷物を持った瞬間や急に動いた時、
腰に「ギクッ」という激しい痛みが走るときがあります。
個人差はありますが、立っていられなくなるほどの痛みに襲われます。
こんな時はいったいどう対処すればよいのでしょうか。

腰痛克服 腰痛の男性

ぎっくり腰になってしまったら?

ぎっくり腰になってしまったなら
何はともあれ安静にすることです。
すぐにでも病院で受診したい気持ちは分かりますが
痛みが激しい時に無理をするのは禁物。

ある程度痛みが軽くなってから受診すれば大丈夫なので
慌てずに対処するようにしてください。
病院に行くときはどんな時? その判断は?

① 正しい姿勢で安静にする

安静にするといっても、どうすればいいのでしょうか。
できるだけ早く回復させるには、
正しい姿勢で安静にすることが重要です。

腰痛克服 正しい安静の方法 寝方

まずは仰向けになり、ひざを軽く曲げるようにします。
座布団をひざの下に置くと、自然にひざが曲がるのでおすすめです。
くしゃみ・咳で腰に激痛が走る腰痛!その対処法は?

痛みが激しいこの時点では、
うつ伏せにはならないようにしてください。
ぎっくり腰に限らず、どんな腰痛でも
うつ伏せの状態は腰に負担がかかるので
避けるようにしましょう。
腰痛症のためのベッド・寝具選びと正しい寝方は?

② アイスパックや氷で冷やす

腰の痛みが軽くなってきたら
うつ伏せになり患部を冷やします。

脊柱の両側あたりを押すと、激しく痛む部分があります。
指で押してみて、痛くなる場所を中心に、
アイスパックで1分〜2分間冷やして
しばらく休んだら、また1分〜2分間冷やします。
これを数回くり返し、皮膚が赤くなってきたら中止します。

アイスパックがなければ、
氷を5個か6個ぐらいビニール袋に入れて使ってもOKです。

③ 1日たったら温める

冷やした後は、逆に温める方が効果的です。
アイスパックで冷やしてから、
24時間経過したら今度はホットパックや
温湿布を使って温めるといいでしょう。

温める温熱療法と冷やす寒冷療法どっちが正しい?

また、足まで痛みが伴う場合はマッサージや指圧で
緊張した筋肉をもみほぐして痛みをとります。

ただし、いっこうに痛みが治まらないときは
専門家の検査を受けるうようにしてください。

まとめ

ぎっくり腰は慢性の腰痛症と違い、すぐに治ったと思いがちですが、
一度ぎっくり腰になったら、また同じように
ぎっくり腰になってしまう危険があります。
くれぐれも、急に体を動かさないようにしてください。

重い物を持つ時、中腰になる時はもちろんですが
テニスやゴルフなどのスポーツは非常に危険です。
激しいスポーツは避けるようにしましょう。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です