どうしても継続できない! 腰痛体操とストレッチを続ける方法!

腰痛や椎間板ヘルニアを治すためには
腰痛体操やストレッチなどの運動がいいことは分かっている。
分かってはいるけど、どうしても継続できない。
そんな悩みはないでしょうか?

腰痛体操だけに限らず、継続することは難しいですよね。
いったいどうすれば継続できるのでしょうか?

考える女性

分かっているけど続かない・・・

何事も「継続は力なり」・・・どんなことでも、続けることは重要です。
「そんなこと言われなくても分かってる」と思う方は多いと思います。
頭では理解していても、継続するのは難しいですよね。

あなたは、これまでどんなことにチャレンジしましたか?
ダイエットや美容のためのエクササイズ。
トレーニング、勉強、早起き、など・・・
禁煙などもあるかも知れません。

どれもこれも続けなければ結果が現れないことばかり。
「継続すること」は、一生つきまとう永遠のテーマなのかも知れません。

腰痛を改善するのも、腰痛体操やストレッチを継続するのが一番。
つまり、腰痛を治すためには継続することを習得する必要があるのです。

→ 腰痛を治すために知っておきたい保存療法とは?
→ 病院や薬を変えてもなぜ腰痛が治らない! その理由は?
→ 家で寝ながらできる腰痛体操とストレッチ運動

腰痛体操をやめたら症状が悪化することも

例えば、プロフェッショナルな仕事ができる職人さんは
スゴイ技を習得していますよね。
まさに「継続すること」で素晴らしいスキルを身につけています。

どんなに優れた職人さんも、続けてきたからこそ
技を習得して職人になれたのです。
もし継続をヤメていたら・・・・
職人にはなっていなかったはずです。

「続けていれば、ああなったのに・・・」
「続けていれば、こうなれたのに・・・」

腰痛体操も同じで、もし体操を続けていたなら
あなたは既に腰痛を克服していたかも知れないのです。

職人

継続すると得をする

逆に継続することができれば
得することがたくさんあります。
それは腰痛に関してだけではありません。

もしもダイエットのための運動を継続できれば
肥満を解消し、理想的な体型を手に入れられるかも知れません。
勉強が継続できれば、頭脳明晰にもなるでしょう。
禁煙が継続できれば、健康を手に入れるだけでなく、
タバコのお金が必要なくなりますよね。
他にも考えればいろいろあると思います。

どうでしょうか? 継続するといろんなメリットがありますよね。
つまり「継続することは得すること」なんです。

トレーニングする男女

継続するにはコツがある

物事を続けることはホントに大変です。
ましてや「好きでもないことを継続するなんて
できるわけない」と思いませんか?

私も以前はそうでした。
何をやっても三日坊主で、続いても1ヶ月がいいところ。
楽しいと思ったことでも、結局途中でやめてしまう。
すぐに飽きてしまうような人間でした。

そんな私でも、腰痛体操やストレッチ運動を続けることができました。
継続する手法を知るまでは全然ダメでも
ちょっとしたコツを知るだけで、継続できるようになるんです。

→ これで腰痛は治せる! 腰痛を克服するためにやった事は?

根性だけで継続はできない

物事を継続できない理由といえば
「意志が弱いから」と答える方は多いと思います。
確かにそうかも知れませんが、
「そもそも人間は意志が弱いもの」なのです。

実は、気合やヤル気、根性だけで物事を継続できる人は
ほとんどいないのです。
好きでもないことならなおさらですよね。

では、どうすれば強い意志でモチベーションを
高く保つことができるのでしょうか?

気合と根性

思いと考えがあれば行動になる

「痩せたいと思って運動してみたけど、おもしろくないからやめた」
「スポーツが上手くなりたいと思って練習したけど、

思ったほど上手くならないからやめた」

どちらの場合にも「こうなりたい」という「思い」はありますが
継続するために重要なことが欠けているのです。

「なぜおもしろくないのか?」
「なぜ練習してるのに上手くならないのか?」
ということを考えてみたことはあるでしょうか?

実はこの「考え」がすごく重要なのです。
「こうなりたい、あんなふうになりたい」と思って
何か行動を起こしてもズグにやめてしまう理由の多くは、
そこに「考え」がないからなのです。

「おもしろくない・・・なら、どうすればおもしろくなるだろうか?」
「練習しても上手くならない・・・なら、練習の仕方が間違ってないだろうか?」
このように「考え」をプラスすれば、また違った行動を起こすこともできます。

行動力

つまり、「行動」は「強い思い」と「しっかりした考え」によって
支えられているのです。
言いかえると、強い思いだけでは行動は継続できないし
頭の中に考えがあっても、こうなりたいという
強い思いがなければ、考えてばかりで行動に移さないのです。

どうでしょうか? 心あたりはありませんか?

「思い」「考え」「行動」
この3つのバランスを使いこなすことで
継続に繋げることができるのです。

腰痛を克服したい「思い」を行動に変えよう!

「腰痛を治したい!」という強い思いと
「どうすれば腰痛を治せるのか? 治療法は間違ってないだろうか?」
「どうすれば腰痛体操やストレッチの時間をつくれるだろうか?」
「つまらないから、楽しみながら実践する方法はないだろうか?」
といった「考え」をプラスしてみましょう。

表情 考える女性

間違った方法で治療しても治るはずがないし
腰痛体操をしている時間がない・・・で終わらずに時間を捻出してみましょう。
つまらないなら、自分なりに工夫してもいいと思います。

継続するために必要なこと、やるべき事、楽しむ方法をいろんな角度で考えれば、
面倒くさい腰痛体操やストレッチも
楽しく続けられるようになるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
どんな事も高いモチベーションを維持するのは難しいですが
このように、ちょっとしたコツを知っているだけで
継続を成功させることが可能になります。

今までやってみたけど続かなかったということがあれば
「思い」と「考え」を意識してやってみてください。
以前とはあなたの行動が変わるかも知れません。

そして、腰痛体操やストレッチを継続させて
苦しい腰痛を克服しましょう。
→ これで腰痛は治せる! 腰痛を克服するためにやった事は?


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です