毎日100回の腹筋と背筋はムダ! 腰痛改善のトレーニングとは?

椎間板ヘルニアなどの腰痛では
「腹筋と背筋を鍛えるといい」という話を
聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、それとは逆に
「腹筋も背筋も鍛えてるけど腰痛の痛みがなくならない」
という話も聞いたことはありませんか?
はたしてどちらが正しい答えなのでしょうか?

腹筋・背筋は鍛えなくていい!

腹筋と背筋をバランスよくしっかり鍛えれば
腰のまわりに「筋肉のベルト」をつくることができます。
これには髄核を押さえて元に戻す働きがあるといいます。

その情報を元に腹筋や背筋に力を入れる患者さんも多くいます。
「毎日100回腹筋運動をしている」なんていう話を
耳にすることがあります。

しかし、これは大きな間違いなのです。
実は腹筋・背筋はそんなに鍛えなくていいんです。

腰痛克服 腹筋運動

スポーツ選手も腰痛に悩んでいる!

例えば元プロ野球の城島健司さんや、
スピードスケートで有名な岡崎朋美選手も
椎間板ヘルニア」に悩まされていましたね。

サッカーの長友佑都選手も、明治大学サッカー部時代に
椎間板ヘルニアになっていますが
「体幹トレーニング」によって見事に腰痛を克服されてます。

日本を代表する鍛え抜かれたアスリートでさえ
椎間板ヘルニアに悩まされているのです。

これはいったいどういう事なのでしょうか・・・

腰痛克服 スポーツ選手

鍛えられた腹筋や背筋を持っているはずの
スポーツ選手でも椎間板ヘルニアになる理由はいくつかありますが、
ジャンプ後の着地や連続した無理な姿勢など、

通常の生活ではないような、
激しい衝撃で腰に大きな負担をかけているのです。

体が鍛えられていても、それ以上に腰を酷使していると言えます。

激しい動きの腹筋と背筋はNG!

そしてもうひとつ重要な事は、
腰痛とスポーツでは、そもそも鍛えるべき筋肉が違っているという点です。
スポーツで使う筋肉と、腰痛を克服するために必要な筋肉は全く違う部分なのです。

腰痛治療に必要な筋肉は、通常の腹筋や背筋運動では鍛えにくい部分であり。
この部分を鍛えるには激しい運動はあまり効果がありません。
腰痛を克服するために必要な筋肉を
ピンポイントでどれだけしっかり鍛えられるかが重要なのです。

つまり腰痛を克服するために、
キツくて辛いトレーニングは必要ないのです。

>> 運動で腰痛が悪化! 腹筋背筋の鍛え方間違ってませんか?

腰痛克服 NG

まとめ

いかがだったでしょうか?
腰痛の治療に必要な筋肉は、通常の腹筋や背筋では鍛えられないという事実。
毎日100回の腹筋や背筋を実践しても、腰痛は改善されないのです。
腰痛に必要な筋肉は、腰痛体操やストレッチ運動などによって鍛えられます。

長友選手が腰痛を克服したのは体幹トレーニングによるものですが
どちらの運動も腰痛には大変有効です。

特にスポーツがしたいというあなたは
腰が痛くなって間もない頃は、腰痛体操やストレッチを行い
ほとんど痛みがなくなってきた頃に、
体幹トレーニングにステップアップするといいでしょう。

まずは通常の生活を不自由なくできる事が先決です。
無理のない運動療法で、しっかりコツコツと
腰痛を改善していきましょう。


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] >> 毎日100回の腹筋と背筋はムダ! 腰痛改善のトレーニングとは? […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です