原因不明の腰痛は骨盤のずれと歪み! 仙腸関節障害とは?

腰椎だけが腰痛の原因ではない!

これまでは腰椎の異常が主な腰痛の原因として扱われてきました。
しかし「原因不明の腰痛」と診断される患者さんも多く存在します。
それはつまり、腰椎の異常だけが腰痛の原因ではないという事を
意味しているのではないでしょうか?

そして、近年になって腰痛の原因として注目される部位が
少し変わってきています。腰痛の痛みの元となる部位。
それが「骨盤」なのです。

骨盤は土台で背骨は柱

骨盤は、頭や背骨を支える土台とも言える部位です。
この土台に異常があるからこそ、
背骨にも異常が発生する可能性が考えられます。

つまり、この土台となる骨盤を治さない限り、
柱となる背骨を治療しても、また悪くなってしまうのです。

上から順に、頭が屋根、背骨は柱、骨盤は土台といった感じで
イメージしてみてください。
土台が弱ければ、柱は折れたり曲りやすくなってしまいますよね。
建物と同じで、よい柱を立てるには、よい土台づくりからです。

腰痛克服 骨盤

骨盤の構造

背骨の土台となる骨盤の構造を少し詳しく見てみると
骨盤は大きくは3つの骨で構成されています。(下図参照)

sencyokansetu_01

左右に腸骨(ちょうこつ)があり、その中心に仙骨(せんこつ)があります。
この腸骨と仙骨をつなげている部分に
仙腸関節(せんちょうかんせつ)というものがあります。

仙腸関節は腰椎のクッション

この仙腸関節は関節と言うものの、ほとんど動くことはありません。
したがって、重要ではないように思えるのですが
実はこの仙腸関節が腰椎のクッションとなって
腰への負担を軽減する役目を持っているのです。

仙腸関節がズレたり動きにくくなってクッション性が悪くなると
腰椎に負担がかかり、腰を痛めることになるのです。

腰痛克服 腰を痛めた男性

出産後の腰痛ぎっくり腰慢性の腰痛症椎間板ヘルニア
この仙腸関節の歪みやねじれなどが原因とも言われています。

また、筋肉が固くなることで、骨盤まわりの血流が悪くなり
冷えやむくみ、肥満、生理痛、不妊、便秘などの
腰痛以外の症状に悩まされることにもなりかねません。

これまで重要視されていなかった仙腸関節ですが
これもまた、腰痛の原因として無視できません。

レントゲンとMRIで仙腸関節の異常は見えない

このる仙腸関節の異常は、残念ながらレントゲンやMRIでは映し出せないため
医師もこれを腰痛の原因として断言できなかったようです。

つまり、レントゲンやMRIで画像にできない腰痛こそが
原因不明の腰痛となりうるため、
仙腸関節の異常による骨盤の変形が、
「原因不明の腰痛」の原因である可能性が高いと言えます。

レントゲンやMRIで異常がない腰痛についてはこちら
>>その病院は大丈夫? 原因不明の腰痛と診断されてしまった!

レントゲン

まとめ

いかがだったでしょうか?
もしも、あなたが「原因不明の腰痛」と診断された患者さんなら
あるいは、どこの病院へ行っても治る見込みがないと思っているのなら
仙腸関節の異常による骨盤の変形を疑ってみてはどうでしょうか?


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 



がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です