ちょっと待て!高額な費用で椎間板ヘルニアの手術をする前に!

腰痛の中でも代表格とも言える椎間板ヘルニアは
20代から30代といった若い世代になりやすい腰痛症。

管理人である私も、長い期間の運動不足や
悪い姿勢がたたり、椎間板ヘルニアになりました。

その後何度もぎっくり腰をくり返し、
手術を考えましたが、費用が高額なだけでなく
必ず成功して治るとは限りません。

そこで私は思いとどまり、「手術をしない」という選択をしました。
ですが、今では椎間板ヘルニアによる腰痛を克服できました。

>> 管理人の腰痛体験記はこちら

もし、あなたが椎間板ヘルニアの手術を考えているなら
安易に手術を選択せず、まずはこの記事を読んでみてください。
ひょっとしたら、お役に立てるかも知れません。

椎間板ヘルニアの手術方法と値段

実際、椎間板ヘルニアの手術をしようとすると、
いったいどれぐらいの費用を見込んでおいた方がいいのでしょう。

腰痛克服 医療費

椎間板ヘルニアの手術は、方法によって値段も大きく違ってきます。
手術の方法は、大きく分けると4つの方法があります。

  • 内視鏡下椎間板摘出(切除)術
  • ラブ法(LOVE法)
  • 経皮的髄核摘出術
  • レーザー治療法

一言では言えませんが、
麻酔や検査なども含めると、おおよその値段として、
「内視鏡下椎間板摘出」「ラブ法」「経皮的髄核摘出術」については
健康保険や高額療養制度を活用すれば約7万円〜15万円ほど。
「レーザー治療法」にいたっては、健康保険がきかないため
30万円以上の手術費がかかってきます。

内視鏡下椎間板摘出(切除)術 約7万円〜約15万円
ラブ法(LOVE法)
経皮的髄核摘出術
レーザー治療法 約30万円以上

手術にかかる費用は、地域や病院によって価格が異なるので
あくまでおおよその値段ですが、
手術費の他にも入院費なども発生するので、
更に高額な費用がかかってしまいます。

その手術は100%成功する?

椎間板ヘルニアの症状はホントに辛いもの。
しかし、早く腰の痛み開放されたいという早まる思いから

「高いお金を払ってもいい!」
「今すぐにでも手術をして楽になりたい!」

と考える方もいるかも知れません。
しかし、よく考えてみて欲しいのです。

「その手術は絶対に成功しますか?」
「その症状は必ず緩和されますか?」

手術をすれば、「必ず成功して痛みがなくなる」
といった保証はどこにもないのです。

腰痛克服 手術

「手術をして楽になった」という話を耳にしますが
その反対に「手術をしたけどちっともよくなっていない」
という話もよく耳にします。

私の知人の中には「前より悪くなった」という人すらいるのです。
「もう、怖くて手術はしたくない・・・」と言っているぐらいです。

「手術をして悪化するのは昔の医療技術の話」という
一言で片付けられるほど、腰痛は単純ではないのです。

手術によって症状がなくなるかも知れませんが、
手術が失敗するリスクは0ではないのです。

手術しても再発する!

仮にあなたが手術に成功し、症状が緩和されたとしても
それは、完治したわけではありません。
手術でできることは、現状の痛みの原因となる
直接的な問題を取り除くだけです。

そもそも椎間板ヘルニアに至った
おおもととなる原因を改善しない限り
いつかまた再発し、同じような腰の痛みに、
何度も悩まされることになるのです。

「なぜ腰痛になったのか?」
「なぜ椎間板ヘルニアになったのか?」

という根本的な原因をつきとめ、これを絶たない限り
何度手術したとしても、
何度でも再発をくり返す危険があるのです。

腰痛克服 腰をおさえるビジネスマン

手術の前に確認する「3つのリスク」

ここまで読み進めていただいたあなたなら
もうお分かりだと思います。
つまり、手術をするということは、
同時にリスクを背負うことでもあるのです。

  • 費用のリスク
  • 失敗のリスク
  • 再発のリスク

これら3つのリスクを理解した上で
慎重に決断する必要があるのです。

手術は決して安易に考えてはいけません。
最悪の場合を想定した上で、
十分納得してから行う必要があるのです。

手術は最後の手段!

もし、あなたがこの時点で、ほんの少しでも
「ちょっと怖いな・・・」
「やっぱりやめておこうか・・・」
と思ったなら、少し思い返して欲しいことがあります。

それは・・・「やるべきことはやったか?」ということです。

腰痛克服 手術ストップ

椎間板ヘルニアと診断されてから、
腰痛を克服するための「努力」は怠っていませんか?

一部の例外はありますが、椎間板ヘルニアに限らず、
ほとんどの腰痛症は、治すために手術は必要としません。

正しい姿勢や適度な運動によって、
腰痛の症状は緩和され、治すことができるのです。
これをやらずして、手術をするべきではありません。
手術は最後の手段なのです。

まずは運動やストレッチにチャレンジ!

病院で教えてもらったり、本で読んだ
腰痛体操やストレッチはしっかり続けましたか?
悪い姿勢で長時間ダラダラとテレビを見たり、ゲームをしていませんか?

もし体操やストレッチを続けていないのなら
もう一度、生活習慣を見なおして再チャレンジしてみてください。

>> 腰が痛い時に! 寝ながらできる腰痛体操とストレッチ運動

どうしても続けられないということなら
まずは「続ける手法」を身につけてみてください。

>> 何も継続できなかった私が習慣化に成功した3つのコツ!

生活習慣の改善が克服への近道!

かくいう私も、腰痛体操やストレッチが続かない
姿勢も悪くダラダラした生活を送っていた人間です。
しかし、こんな私ですら運動を継続し
生活習慣を改善することで、
椎間板ヘルニアを克服することができたのです。

まずは「やるべきことはやる!」
手術はそれからでも遅くはないはずです!

本当に腰痛から開放されたいなら
しっかりと日常の生活習慣を改めてみてください。

やりたかったスポーツが楽しめるまで
回復することも夢ではありません!

腰痛克服 ウォーキング

腰痛に正面から挑んてみてください!
椎間板ヘルニアに負けないでください!

以前の私と同じように、椎間板ヘルニアに苦しんでいるあなたも
今の私と同じように、手術なしで腰痛を克服できるはずです!

>> これで腰痛は治せる! 腰痛を克服するためにやった事は?


あなたの応援で明日も頑張れます。
この記事がお役にたてたなら、ブログランキングのボタンに
クリックお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 

がっちりコルセット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です