椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

腰痛の代表とも言える「椎間板ヘルニア」は
腰椎(ようつい)の椎間板(ついかんばん)と
呼ばれる部分が飛び出すことによって
スグ後ろにある神経を圧迫することで痛みが発生する病気です。

腰痛克服 椎間板ヘルニア

30〜40代、場合によっては20代と比較的若い人に多い傾向があり
男性よりも女性の患者の方が多いのが特徴です。

椎間板ヘルニア 腰痛に悩む女性

椎間板ヘルニアの症状

物を持ち上げたときのギクッとした痛みや
くしゃみや咳をした時に激しく痛むことがあります。
また、腰から太もも、ふくらはぎ、足先などに
激しい痛みやシビレが出ることがあります。

急性と慢性があり、急性の場合はぎっくり腰と症状が似ていますが
どちらかと言えば鈍い痛みが続く慢性の場合が多いようです。

>> くしゃみ・咳で腰に激痛が走る腰痛!その対処法は?

椎間板ヘルニアの原因

20年、30年と年齡を重ねると、
長い間体を支えてきた腰椎への負担から
椎間板が徐々に弱まってきます。

そこに重たい荷持を持ち上げる、急に腰をひねる、中腰姿勢といった
無理な動きや姿勢が加わることで椎間板の組織が損傷し、
椎間板の中にある髄核が神経にはみ出してしまいます。
これによって、炎症などが起こり痛みが発生します。

>> 腰が痛い! 椎間板ヘルニアの症状とその原因は?
>> 中腰は禁物! 腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因!

椎間板ヘルニアの治療方法

まずは病院でレントゲンやMRIといった検査を行い
検査の結果や症状の度合いなどをもとに
治療方針が決まります。

痛みがひどいときは、
また薬物療法を行いながら
コルセットで腰まわりを固定し安静にします。

ある程度痛みがおさまった段階で
腰痛体操やストレッチを行いながら
姿勢を正しくするなど、自分でケアしていきます。

足の痛みやしびれがあるときや
尿が出にくいといった症状の場合には
馬尾神経に異常が発生しているかも知れません。

このような場合は治療が遅れると、障害が残ることも考えられるので
できるだけ早く整形外科で必要な治療を受けてください。

>> 椎間板ヘルニアにおすすめ! 腰痛コルセットの種類とその効果は?
>> 主婦の腰痛・ヘルニアを改善するための家事の動作は?
>> 家で寝ながらできる腰痛体操とストレッチ運動

スポンサーリンク