変形性脊椎症

変形性脊椎症とは

人間の背骨(脊椎)は常に体の重みによって
腰に負担がかかっていますが、年齡を重ねていくにしたがって
どうしても背骨が少しづつ変形していきます。
つまり、加齢によって背骨が変形する老化現象を
「変形性脊椎症」といいます。

かがんだり中腰になることが多い仕事をしている人がなりやすく
女性よりも男性に多く見られます。

腰痛克服 腰の痛みに耐える年輩の男性

変形性脊椎症の症状

初期の症状としては、背骨の変形によって
前かがみの姿勢になり、左右に体が傾くこともあります。

骨の変形なので痛みを感じることはほとんどありません。
しかし周囲の筋肉に負担がかかるので
筋肉疲労による痛みがでてきます。

横になった状態から起き上がるときや
歩き始めるときなど、何かしら動き始めるときに
痛みがあり、動いてからしばらくすると
あまり痛みを感じなくなります。

ただし、靭帯が厚くなって神経を圧迫するようになると
「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」になります。

変形性脊椎症の原因

背骨は年齡を重ねることで、
椎体(ついたい)という部分が老化していき、
少しずつ背骨が曲がっていきます。

また、椎間板も老化にともない、水分が減って弾力がなくなってきます。
これによって、弱くなった組織を補うように、
「骨棘(こつきょく)」というトゲのようなものが現れます。
この骨棘の尖った部分が周囲に接触して痛みが発生します。

腰痛克服 変形性脊椎症

変形性脊椎症の治療方法

自分でできるケアについては、他の腰痛と違いはありません。
正しい姿勢を保つことや、ストレッチなどで筋肉や靭帯をやわらかくすること。
太り気味の場合は、ダイエットも必要です。

>> 高齢者は腰痛は治らないと諦めていませんか?

腰の痛みが激しいときや足がしびれたり痛みがあるときは
別の病気に移行している可能性もあるため
早めに整形外科を受診し、検査を受けるようにしてください。
また、排尿・排便に障害がある場合は、
早急に治療が必要になるため
一刻も早く受診してください。

>> 病院に行くときはどんな時? その判断は?
>> 病院ではどんな検査があるの?
>> 病院での治療方法は?

スポンサーリンク