腰痛体験記

腰が痛いと感じた頃

管理人は28歳の頃から10年以上「腰痛」に悩まされ続けました。

学生時代は腰痛なんて全く関係ないといった感じでしたが
社会人になって数年たった頃、腰にコリのようなものを感じるようになり、
「なんとなく腰が痛いなぁ・・・」と思う日々が続いていました。
しかし、ある腰に思いもよらぬ激痛が走ったのです。

腰の激痛で病院へ

自分で立つことができない激しい痛み。まさに激痛でした。

今まで経験したこともないような激しい痛みに耐えながら

「このまま立てなくなってしまうんじゃないか」
「これからどうなってしまうんだろう」

という不安で一杯になりながら
自宅近くの整形外科まで、父親に車で運んでもらいました。

あの時の父親と母親の心配そうな顔は
今でも忘れることはありません。

診断の結果は椎間板ヘルニアだった

病院に行った当日は、ほとんど立てなかったので
父親の肩を借りながら、必死の思いでなんとか待合室にたどり着き、
置いてあった長イスに横になることができたのです。

この時の待ち時間はとても長く感じました。
しばらくして、レントゲンやMRIなどの検査を行いました。

この時も必死に痛みをこらえながら移動をくり返し、
やっとの思いで最後の診察室へ。

病院の先生は、撮影したレントゲンとMRIの画像を見ながら
「椎間板ヘルニアですね、ここまで来るのも痛かったでしょ」とまず一言。

この時の先生の冷静な表情と言葉で少し安心しました。
そして「椎間板ヘルニア」について詳しく丁寧に説明してくれました。
どうやら、仕事での座りっぱなしや、運動不足がよくないとの事。

母親も「椎間板ヘルニア」で苦しい思いをしていたこともあり、
「椎間板ヘルニア」という病気については、ある程度知っていましたが、
まさか自分も椎間板ヘルニアになってしまうなんて思ってもいませんでした。

今まで何ともなかった自分が、
「椎間板ヘルニア」になるなんて信じられませんでした。

診察後、病院からなんとか家にたどり着き、
1
週間ほど安静にして、ようやく立てるようになり、なんとか仕事にも復帰しました。

このままでは働けなくなる

椎間板ヘルニアと診断されてからは
先生に教えてもらった腰痛体操やストレッチを実践して調子はよくなるものの、
油断してスグにやめてしまって腰がまた痛くなっていました。

体操・ストレッチを実践してはやめてのくり返しで
それと合わせて症状も改善と悪化のくり返しでした。

仕事が忙しくて運動をしている時間が足りないこともあり、
よくなったり悪くなったり・・・

立てなくなって1週間ぐらい会社を休む事が
次第に多くなってきたのです。

「このままだといつか働けない身体になってしまう」
「こんままだと会社をクビになる・・・」

そんな不安を抱えながら何年も生活していました。

健康食品もサプリメントは効果がなかった

仕事が忙しすぎて、腰痛体操は続かないし続けられない。
でも何とかしないと、このままではホントに立てなくなってしまう。

ワラをも掴む思いで、いろんな健康食品やサプリメントを試しました。
1ヶ月で3000円や5000円もするようなサプリメントを
何ヶ月も何年も飲み続けましたが、
どれもこれもはっきりとした効果もなく
結果的にお金だけが消えていく日々でした。

「これではお金の無駄だ!」
「健康食品やサプリメントで腰痛は治らない!」

このことに気がつくまで何年もの時間を費やしてしまったのです。

>> コンドロイチンとグルコサミン 果たしてその効果は?

運動を再開して回復へ

ここでようやく健康食品やサプリメントに頼るのはやめることを決意し
もう一度、自分の腰痛と真剣に向き合うことにしました。

そして、腰痛に関する書籍などを何冊も読み直しました。
その結果得られた答えは、やはり腰痛体操やストレッチを続けるということ。
原点に立ち返ることにしたのです。

運動を継続するためにどうするのか

今まで実践しても続かなかった腰痛体操やストレッチ。
これをどうやって継続させるか。

これが一番の課題であり、この課題をクリアすることで
腰痛と決別できるという答えに至りました。

つまり、自分に必要なのは
「継続するためのノウハウ」であることに気がついたのです。

腰痛を治す運動方法は既に知っている。
あとは継続するために、どうすべきか・・・

これさえできれば本当に腰痛と決別できるはずです。

>> どうしても継続できない! 腰痛体操とストレッチを続ける方法!

腰痛さようなら!

腰痛体操やストレッチ、姿勢や生活のリズム
腰痛対策グッズに至るまで、腰痛にいいとされることは、
出来る限り取り入れました。

そしてついに、走ったり跳んだり、
子供と一緒にスポーツを楽しむことができるまで
回復する事ができたのです。

もう以前のように「立てなくなる」ような事はなくなりました。

「病院に行っても治らない」
「薬を飲んでも効果がない」

そうです!

「腰痛は自分で治すしかない」ということ。

このことに気がつくまで何年かかったでしょうか。

もしもあなたが同じように「腰痛」で悩んでいるなら
早くこのことに気づいて欲しいのです。

腰痛を克服すために、高額な健康食品やサプリメントなんて必要ありません!
言葉巧みなキャッチフレーズに惑わされないでください。

自分の体は自分で守しかありません。
腰痛は自分の力で治すのです。

私と一緒に頑張って腰痛をさようならしましょう!

スポンサーリンク