手術をせずに椎間板ヘルニアを自分で克服した管理人が、腰痛の治し方や改善方法を患者視点で紹介するブログ

腰痛の種類

 

「腰痛」と一言で言っても、様々なものがあります。
数ある腰痛の中には、内科的な問題による腰痛もありますが、
ここでは多くの人が悩んでいる
『外科的な腰痛』について解説していきます。

 

その外科的な腰痛には、
「ぎっくり腰」「すべり症」「変形性脊椎症」
「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」といった
大きく5種類に分類されます。

 

自分がどの種類の腰痛に悩んでいるのか?
まずはしっかり把握することが、腰痛改善への第一歩となります。
これらの代表的な腰痛症について簡単に説明していきます。

 

ぎっくり腰

「ぎっくり腰」は、急激に無理な動作をすることによって、
腰に負担がかかり、立てなくなってしまうほどの
激痛に襲われるという特徴があります。
重たい荷物を持ったや、急に体をねじった時などに、よく起こる腰痛です。

 

すべり症

長い時間をかけて腰に負担がかかることで発生する腰痛で、
腹筋・背筋の筋力低下が主な原因となって
腰椎の椎体という場所がズレてしまいます。
これによって腰に痛みが発生するのが、
よく言われる「すべり症」という腰痛症です。

>> すべり症について詳しくはここちこちら

 

変形性脊椎症

人間の体は、長い年月をかけて
体の重さによって背骨に負担がかかっています。
その間にも少しずつ背骨が変形してくことで老化が進んでいきます。
主に高齢者に多い腰痛症と言えます。

>> 変形性脊椎症について詳しくはこちら

椎間板ヘルニア

比較的若い人から高齢の方まで、
多くの人が悩まされ続けている腰痛症です。
長い期間体を支えてきた腰椎(ようつい)に負担がかかっているところに、
急激な動作や中腰姿勢などが引き金となり、
椎間板が損傷してしまう腰痛症です。

>> 椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア、変性すべり症、変形性脊椎症が進行して起こる腰痛症で、
高齢の男性に多いのが、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。
体をそらすと痛みが発生するという特徴があり、
長い時間歩くことができなくなるといった症状があります。

>> 脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

まとめ

いかがでしょうか? 紹介した腰痛症は、あくまで代表的なものに過ぎません。
自分で腰痛に関する知識を深めるとともに、
症状の度合いによっては、整形外科で医師の診断も怠らないようにしてください。

とはいえ、全て医師に任せるのではなく、
自分自身で腰痛に向き合い、腰痛改善に取り組み続け、
腰痛を克服していくよう努力を怠らないようにしてください。

管理人


椎間板ヘルニアと診断され、立って歩くことができないほどの痛みで、会社を1週間以上休むことを何度もくり返す。

ほとんど仕事ができない体になってしまったが、試行錯誤の末に、自力で腰痛を克服することに成功。

詳しいプロフィールはこちら

同じように腰痛で悩む方の
お力になれれば嬉しいです。
気軽にフォローやメッセージをどうぞ。


ランキングに参加しています

ご訪問ありがとうございます!
あなたの応援で明日も頑張れます。
お役に立てたらランキングにクリックをお願い致します。

 にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

アーカイブ